【おすすめ映画!】『ダークナイト』正義か悪では片づけられない

こんにちは!学生ブロガーのYuu(http://twitter.com/M30ysF)です!本日は映画『ダークナイト』のあらすじ紹介・レビューをしていきます!

出典:バットマン映画はこの順番で見よう:最新作までの時系列を徹底解説【ダークナイト・トリロジー、ジャスティス・リーグ、GOTHAM/ゴッサム】(http://d-kamiichi.com/archives/12250)
スポンサーリンク

見て実際どうだった?

前作の『バットマン ビギンズ』では、バットマンの武器が少ないからこそ体術が多めでしたが、本作では武器も充実し、「やっとバットマン映画が始まったな…。」といった印象でした!

自分はこの『ダークナイト』がバットマン3部作の中で一番面白かったように感じます!なぜなら、アクションの要素が充実しつつ、ストーリーも面白いからです。

やはり、ジョーカーというめちゃめちゃ強いバットマンの敵の登場が大きかったのではないかと思います。

自分的には星5(★★★★★)です!!!もう1回見たいと思います!笑

キャスト

ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベール):ウェイン産業大株主の大富豪。悪を憎み、故郷のゴッサムシティを救うバットマンの正体。

ジョーカー(ヒース・レジャー):ゴッサムを混乱に陥れた張本人。バットマンを狙っている。

ハービー・デント(アーロン・エッカート):ゴッサムシティの新任検事。悪に決して屈さないゴッサムの光の騎士として、悪と戦う。

アルフレッド・ペニーワース(マイケル・ケイン):ブルース家の執事。

ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン):ウェイン産業の社長。バットマンに関しブルースに協力している。

レイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ):ブルースの幼馴染。デントの部下で恋人。

ジェームズ・”ジム”・ゴードン(ゲイリー・オールドマン):ゴッサムシティの警部補。

あらすじ

ブルースは、バットマンとゴードンだけでゴッサムシティの犯罪と戦うのには限界が近づいていることを感じていた。

そこに、新任の地方検事ハービー・デントが現れる。彼は悪に決して屈さない光の騎士のような人物であった。ブルースは彼ならゴッサムを犯罪のない街にしてくれると確信し、デントの次期市長選に向け支援を行う。

一方、マフィア側は会合を開いており、バットマンが現れて以来、犯罪が減少しているゴッサムを快く思っていなかった。

そこに巷では有名となっていた「ジョーカー」と名乗る人物が現れる。彼は、ゴッサムをもとの犯罪がはびこる街に戻す見返りに、マフィアの全資金の半分をもらうと要求し契約が成立した。

その手段としては、警視総監・裁判長・バットマンを殺すことだった。また、ジョーカーはバットマンが正体を明かさない限り、市民を殺し続けると発表し、以降、毎日市民が殺されていた。

果たして、バットマンの正体は明かされてしまうのか?また、ジョーカーの手から、ゴッサムを守ることができるのか…?

レビュー

良かった点

・悪役ジョーカーの圧倒的存在感

顔面白塗りで、口が裂けているかのような化粧をまとっているジョーカー。
彼は、ヒーローものの悪役では珍しく、特殊能力のない人間です。彼には「ルール」がない。そこが、ジョーカーの強みでありながら、ジョーカーをジョーカーたらしめている理由です。


特殊能力のない人間でありながら、めちゃめちゃ強い…。手下を従え、ヘリコプターを墜落させたり、病院を爆破したりします。


また、ジョーカーは「正義」を正反対の「悪」に変えてしまうこともできます。今作での存在感に関しては、ジョーカー>バットマンが成り立つのではないかと思います!


やはり、これに関しては俳優ヒース・レジャーの名演技にあると思います。彼は、ジョーカーというサイコパス役を演じるために、誰とも連絡を取らずにサイコパスについて勉強し、役になりきり、その後、役になりきりすぎたヒースは寝れなくなり、睡眠薬の薬物中毒で亡くなったそうです。

出典:ヒース・レジャー-映画.com(https://eiga.com/person/59155/)

死後、出てきたのはヒースの日記ではなく、サイコパスになりきったヒースの日記だそうです。

それほどジョーカーに熱のこもった作品だからこそ、存在感が並々ならず、『ダークナイト』のジョーカーは史上最高の悪役だといわれる理由もわかります。

・CG演出が半端ない!

ヘリコプターが墜落したり、大型トレーラーが上下反転したり、総合病院が爆破して崩壊したり、『バットマン ビギンズ』よりも規模が圧倒的に大きくなっていると思います!

また、バットモービルというバットマンの黒い車からバイクが出てくるところは本当にびっくりしました!そして、このバイクにも武器が搭載されている…!

もうこれはアクション好きにはたまりません…!!!!

・「正義」と「悪」について考えさせられた

人は追い詰められたとき、自分の利になる方を選ぶ。映画内では、バットマンのせいで市民が殺されていっているとき、今までヒーローとして名をはせていたバットマンが一瞬にして悪役に変わってしまう…。

また、映画を見ていると「正義」と「悪」は表裏一体だということが示されています。

みんな誰しもが「悪」を持っている。だからこそ、背景にあるものを見ずに、「悪=悪い人間」だとはなから決めつけてはいけない。

いまいちだった点

・特になし

冒頭から終盤まで、最高の映画だったと思います!ですので、言うことは特に何もありません!!

他の人は面白いと思ってるの?

ちなみに、Amazonでの評価は星4.4でした。

他の人は面白いと思ってるのか、以下サイトを参考にしても面白いかもしれないですね!

******************************************
ダークナイト-映画情報・レビュー・評価・あらすじ|Filmarks映画(https://filmarks.com/movies/33832)
ダークナイトのレビュー・感想・評価-映画.com(https://eiga.com/movie/53214/review/)
******************************************

どんな人におすすめ?

この映画は、

・定番の人気映画が見たい人
・話題作『ジョーカー』を既に見た人/これから見たい人
・ジョーカーについて知りたい人
・アクション映画が好きな人

におすすめですが、正直傑作すぎてここに当てはまらない人にもぜひ見ていただきたい作品です!!!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました