【映画】『貞子VS伽椰子』勝つのはどちらか?

こんにちは!学生ブロガーのYuu(http://twitter.com/M30ysF)です!本日は映画『貞子VS伽椰子』のあらすじ紹介・レビューをしていきます!

出典:映画『貞子vs伽椰子』のネタバレ感想・解説・考察!ホラーでもギャグでもない?(https://filmest.jp/sadakovskayako/)
スポンサーリンク

見て実際どうだった?

自分はホラー映画が好きじゃないのですが(呪怨15分でリタイアしたことあります…)、最後まで全然見れちゃいました!!

プラス、貞子の『リング』も、伽椰子の『呪怨』もあまり見たことがないので2人の能力とか全然知らなかったんですが、見ているうちにわかるようになっていました。

自分的には星3(★★★☆☆)です!

キャスト

倉橋有里(山本美月):夏美の友人、呪いのビデオを見てしまい貞子の呪いにかかる

上野夏美(佐津川愛美):有里の友人。呪いのビデオを見てしまい貞子の呪いにかかる。

森繁新一(甲本雅裕):有利と夏美の大学の教授。都市伝説について研究しており呪いのビデオに強い関心がある。

高木鈴花(玉城ティナ):呪いの家に入り伽椰子の呪いにかかる。

常盤経蔵(安藤政信):有能な霊能者。珠緒が相棒。

珠緒(菊池麻衣):常盤経蔵と組んでいる盲目の霊能者。経蔵が相棒。

貞子(七海エリー):呪いのビデオを見たものを呪い殺す。

伽椰子(遠藤留奈):呪いの家に入ったものを呪い殺す。

俊雄(芝本麟太郎):呪いの家に入ったものを殺す伽椰子のサポート要員。伽椰子の息子。

あらすじ

見たら呪われるという「呪いのビデオ」を見てしまった有里と夏美。そこで都市伝説について研究している森繁に助けを求める。だが、森繁も彼が紹介した霊能者も2人を助けることはできなかった。

同じ頃、「呪いの家」に引き付けられていた鈴花は、ある夜、行方不明になっている小学生の一人が「呪いの家」にいることを目撃した。「呪いの家」に向かい、足を踏み入れ、何とか逃げ出すことはできたが伽椰子の呪いにかかってしまった。

有里と夏美と鈴花は経蔵という霊能者に助けを求める。その方法は貞子と伽椰子をぶつけて消滅させるというものだった。果たして、3人は助かることができたのだろうか…。

レビュー

良かった点

・リングと呪怨を知らなくても楽しめる

自分は貞子の『リング』も、伽椰子の『呪怨』も見たことがなかったのですが、作中でどういう能力を持っているのか説明してくれますし、見ているとわかってきます!
逆に今までの能力とは異なっている部分もあるらしいです…(今までの貞子だと呪い殺されるまでの期間が7日間なのに、今作では…/俊男はサポート要員だったはずなのに…)

・ホラー映画が苦手でも見れる

自分は呪怨を15分でリタイアしたことがあるほど、ホラー映画が苦手です。ですが、今作ではホラー独特の怖さがあまりありません。(勿論、びっくりはするけどね。)

・キャストが美人ばっかり

ホラー映画のキャストって必ず美人な気がします…。
本作では山本美月、玉城ティナが出演しています。美人と言えば?で連想しやすい方々が出演しているのではないでしょうか?

いまいちだった点

・終わり方が好きじゃない

『貞子VS伽椰子』というからには、勝負がつくと思いますよね?
何でああなるかな…プラス、個人的にはハッピーエンドの映画が好きなのですが…

疑問点

・貞子、伽椰子の能力はなんでもありなのか?

急に貞子が登場したり、伽椰子が別次元に引きずり込んだりと様々な能力が演出されていました。2人の能力って結局何なの?とちょっと気になった方!大丈夫です!自分も気になりました。

そこで、2人の一般的な能力をまとめてみました!(この映画では少し異なっている部分もあります。)

・貞子の能力

「呪いのビデオ」:ビデオを見たものは1週間後に目の前に貞子が現れ、貞子の目を見ることで驚いた表情で死に至る
「リングウイルス」:呪いのビデオを見たものにかかる。感染拡大に手を貸さなかった場合、1週間後に心筋梗塞を引き起こし、何かに驚いたような表情で死に至る
「増殖」:リングウイルスに感染した女性は1週間で臨月に達し、貞子を出産する。出産された貞子は、1週間で成人し、両性の生殖能力を持つため、自分自身で新たに増殖することができる。
「髪の毛を操る」:自らの髪の毛を自在に操ることができる

・伽椰子の能力

「呪いの家」:呪いの家に近づくものを呪い殺す。別次元への移動も可能。
「謎の能力」:他人の姿を装える。
「従属能力」:呪い殺した人間を操ることができる。

こうやって見るとちゃんと設定はあるんだなと思いますが、2人とも強すぎてなんでもありみたいに思えてきますね…。

他の人は面白いと思ってるの?

ちなみに、Amazonでの評価は2.9でした。

他の人は面白いと思ってるのか、以下サイトを参考にしても面白いかもしれないですね!

******************************************
ポジ熊の人生記:映画『貞子vs伽椰子』ネタバレ感想(https://www.pojihiguma.com/entry/sadako-vs-kayako)
FILMEST:映画『貞子vs伽椰子』のネタバレ感想・解説・考察!ホラーでもギャグでもない?(https://filmest.jp/sadakovskayako/)
映画ウォッチ:映画『貞子vs伽椰子』ネタバレあらすじと感想(https://eiga-watch.com/sadako-vs-kayako/)
******************************************

どうゆう人におすすめ?

『貞子vs伽椰子』とうたいながらホラーがダメな自分でも見れたので、ラーは苦手だけどホラーが見たい人が特におすすめです!

(ホラー好きには、物足りないかも…。)

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました