【映画】『LUCY/ルーシー』脳が100%活性化したらどうなる?

こんにちは!学生ブロガーのYuu(http://twitter.com/M30ysF)です!本日は映画『LUCY/ルーシー』のレビューをしていきます!

スポンサーリンク

見て実際どうだった?

冒頭は面白かったですが、

総合的に見て全然面白くなかったです…。ヒーローものが好き、アクションが好きって人は特に相性が悪い作品だと思います。

なぜなら、なんでもありで理解しずらいからです。

なので、この映画の評価は星1(★☆☆☆☆)です!

キャスト

ルーシー(スカーレット・ヨハンソン):脳の機能が100%使えるようになった。チャンにより腹部に新型の麻薬を入れられ、運び屋にされた。

ノーマン博士(モーガン・フリーマン):脳科学の科学者

Mr.チャン(チェ・ミンシク):マフィアのボス。ルーシーを運び屋にした。

ピエール・デル・リオ(アムール・ワケド):刑事。ルーシーの目的に手伝っている。

あらすじ

台湾に留学に来ていたルーシーはひょんなことから、韓国マフィアのアジトに連れていかれた。そこで彼女の体の中に新型の麻薬が埋め込まれ、彼女は麻薬の運び屋にされた。しばらくすると、彼女の体内で麻薬が漏れ、以降脳が活性化していく。脳が活性化してルーシーは電子機器を自在に操れるようになったりと超人的な能力を身につけていく。そんな中、麻薬を持ち逃げしたルーシーをマフィアは追う。最終的に脳が極限まで活性化されたルーシーはどうなるのであろうか…。

レビュー

良かった点①冒頭は良い

偶然の出来事→マフィア事務所に連れられて行く→そこで恐ろしいことが行われていた→運び屋にされる→…と、テンポよく進んでいきます。

また、内容が内容なだけにハラハラさせてくれるため冒頭は「面白そう!」と思えます。

いまいちだった点①ルーシー無敵すぎ

ルーシーは体内で麻薬が溶け出してしまったことが原因で、脳のリミッターが順次解除されていきます。したがって、電子機器を操れるようになったり、痛みを感じなくなったりします。

また、手を触れずに相手の動きを止めることもできるため、たとえ敵が銃を持っていても何も怖くありません。

この点において、僕は面白いとは思えません。だって、どんなにすごい人でも完璧ではないじゃないですか。バットマン、ドラえもん、アイアンマン…

脳のリミッターを解除しているのだから、1人で何でもできないとおかしいのはわかりますが、面白くなくてもいいわけではないと思います。

いまいちだった点②途中から理解不能

先ほど述べたように、この映画なんでもありなんです…。

急に髪が伸びたり、変身したり、…etc
理解できなさすぎて、途中から傍観者のごとく視聴していました…。

最後なんて特に理解不能でした…。

他の人は面白いと思ってるの?

ちなみに、Amazonでの評価は、星3.5でした!

他の人は面白いと思ってるのか、以下サイトを参考にしても面白いしれないですね!

******************************
『LUCY ルーシー』感想、突っ込んだら負け[ネタバレなし](https://www.cinemawith-alc.com/2014/08/lucy.html)
LUCY ルーシーのレビュー・感想・評価-映画.com(https://eiga.com/movie/80434/review/)
LUCY/ルーシー-映画情報・レビュー・評価・あらすじ-Filmarks映画(https://filmarks.com/movies/58203)
******************************

どんな人におすすめ?

この映画は、

アカデミー賞に何度も選ばれているモーガン・フリーマンや、アベンジャーズでブラック・ウィドウとして出演していたスカーレット・ヨハンソン等有名な方が出演しているため、

・出演者の中に好きな人がいる人

にオススメです!

余談(見たい人だけ見てください):現実的な脳の使用率について

今作では、人間の脳は10%しか活用できていないことを前提にしていますが、それは迷信であると証明されています。

10%神話が提唱された背景として3つ説がありました。

(1)アインシュタインによる説
(2)グリア細胞説
(3)サイレントエリア説

(1)について、『アインシュタイン、神を語る』の記載に由来し、アインシュタイン自らが「人間は潜在能力の10%しか引き出せていない」と言葉を発したとされていますが、その根拠は見当たりません。

(2)について、脳の90%を占めるグリア細胞は他のサポート要員のため、脳は10%ほどしか使われていないとする説です。

(3)について、反応を示さない部位や、役割が判明しない部位が存在したためここをサイレントエリアと呼び、脳は10%しか使われていないとする説です。

しかし、マサチューセッツ工科大学の研究者たちにより迷信であると証明されました。

過程は省略しますが、結果的に脳はすべての領域を使い、その中でもメインとなる領域が存在することが証明されました。ただ、人間は脳の何%を使用しているかについては未だ謎のままです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました