【映画】ダークナイト ライジング~3部作完結編~

こんにちは!学生ブロガーのYuu(http://twitter.com/M30ysF)です!今回はバットマン3部作映画の完結編『ダークナイト ライジング』のあらすじ紹介・レビューをしていきます!

スポンサーリンク

見て実際どうだった?

まあ外れ作品なわけないよねといったところです。

前作『ダークナイト』には明らかに劣っていますが、一映画としては面白い部類に入ると思います!

バットマンといえば、アクションを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?その点に関して言うと、今作は『バットマン ビギンズ』と同じく、体術が多めのアクションになっています。

また、3部作完結編ということもあり、1作目・2作目の内容が出てくるため、いきなり今作を見るのはオススメできません!
知っている人より楽しめないだろうし、やはり、ちゃんと理解しながらみたいですよね!

自分的には星4(★★★★☆)です!

ちなみに、バットマンのダークナイト3部作で面白かった順に順位をつけると…

1位.『ダークナイト』
2位.『ダークナイト ライジング』
3位.『バットマン ビギンズ』

『バットマン ビギンズ』3位なら、『バットマン ビギンズ』は見なくていいや!って思ったそこのあなた!

映画を楽しみたいなら1作目の『バットマン ビギンズ』見ないと始まりませんよ~!3位とは言っても面白いし、他がずば抜けているだけなんですけどね…。

キャスト

ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベール):ウェイン産業大株主の大富豪。悪を憎み、故郷のゴッサムシティを救うバットマンの正体。

アルフレッド・ペニーワース(マイケル・ケイン):ブルース家の執事。

ルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン):ウェイン産業の社長。バットマンに関しブルースに協力している。

ジェームズ・”ジム”・ゴードン(ゲイリー・オールドマン):ゴッサムシティの警察官。

セリーナ・カイル/キャットウーマン(アン・ハサウェイ):金持ちを狙って盗みを働いている。16歳から脱獄を繰り返し、犯罪歴を抹消できるソフトを手に入れようとしている。

ベイン(トム・ハーディ):ラーズ・アル・グールの遺志を継ぎ、ゴッサムシティを破滅に追いやる。

ミランダ・テイト(マリオン・コティヤール):ブルースの後任のウェイン産業会長となった。

ジョン・ブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット):ゴッサムシティの警官。ブルースがバットマンの正体であることに気づいている。

あらすじ

舞台はハービー・デントの死から8年後。ゴッサムはデントをたたえて制定されたデント法により、犯罪が激減していた。思いを寄せていたレイチェルの死と、ゴッサムが平和な街と化したことで、ブルースは生きる気力を失っていた。

そんな時、ラーズ・アル・グールの遺志を継ぎ、ゴッサムを破滅の道に導こうとする、忌々しいマスクをつけた不気味な男ベインが現れる。また、16歳から盗みを続ける大泥棒セリーナ・カイルが現れる。

アルフレッドはブルースに普通の人に戻ってほしいと願う一方、ブルースはベインとの戦いに臨む。しかし、ベインの実力は想像以上のものだった…

ブルースはベインに勝ち、ゴッサムを破滅の危機から救うことができるのか…??

レビュー

良かった点

・バットマンの新作の乗り物がかっこ良い

これまでは、車のようなバットモービル。

バイクのようなバットポッド。

そして、今作では遂に空を飛んじゃいます!笑
その名も「バット」!!ぱっと見、ドローンのような見た目をしています。

バットマンの使う乗り物はどれも近未来的なイメージを持たせてくれます。そこが、魅力の一つだと思いますが、このバットに関しては、中でも特に近未来的なイメージがわくのではないでしょうか?

空を飛ぶ乗り物をイメージするとなると、多くの方が飛行機をイメージするかと思いますが、その常識にとらわれない点がバットに魅力を集めていると思います。

・ハラハラドキドキ

ブルースは敵ベインにより、地下牢に閉じ込められ、ゴッサムが破滅に向かう様子を見せつけられます。バットマンはゴッサムを救うために生まれたので何もできないことに苦しんでいました。

それ以外にも今作では、ピンチの場面が多く、終わりに近づくほどブルースには問題が降りかかってきます。

したがって、見れば見るほど、窮地に陥ってしまいますが、だからこそのハラハラドキドキが楽しめると思います!

その点が、2時間44分という長めの作品でも飽きさせない仕掛けになっているんだと思います!

3部作完結編として素晴らしい

1作目『バットマン ビギンズ』、2作目『ダークナイト』での知識が今作につながっていました。

例えば、『バットマン ビギンズ』では、ラーズ・アル・グールは世界の秩序を保つことを目的として、ゴッサムシティを破滅に導こうとしていましたが、バットマンに敗れ、死んでしまいました。今作では、ラーズ・アル・グールの遺志を継いだベインといういかつい男がゴッサムを破滅に導こうとしています。

また、『ダークナイト』では、悪を憎みゴッサムの正義の象徴であったハービー・デントが悪に落ち、最終的に人殺しとなってしまいました。今作では、ハービー・デントが悪に落ちたことが描かれています。

ここからわかるように、1作目と2作目の内容が分からないとあまり理解できないと思います。3部作完結編として、前の作品の伏線を上手に拾えていると思います。

いまいちだった点

・やはり前作『ダークナイト』には勝てない

勿論、今作品もいい映画だったのではないかと思います。しかし、前作『ダークナイト』を上回るほどではありません。前作があまりにもすごすぎたのかもしれませんが…

なぜかというと、
①ヒーローと敵が正反対か
②ただの殴り合いではない深いものが存在するか

に要因があるのではないかと個人的には思います。

①について、『ダークナイト』での敵ジョーカーには「ルール」が存在しませんでしたが、バットマンには行動の「ルール」が存在していました。また、ジョーカーは、バットマンに勝てるほど強くはありません。今作の場合はどうでしょうか?

敵ベインには「ルール」が存在しています。また、ベインはバットマンをぼこぼこに出来るほどの実力の持ち主であり、めちゃめちゃ強いです。(ヒーローがこんなぼこぼこにされていいのかってレベルで…)

つまり、全然正反対になっていないんですよね…。

②について、『ダークナイト』では正義、悪ということについて考えさせるような内容でありました。しかし今作品では考えさせるような「何か」を少なくとも自分はつかむことができませんでした。

したがってこれが、『ダークナイト』より心に響かなかった、つまり、『ダークナイト』より劣っていると思った理由となります。

他の人は面白いと思ってるの?

ちなみに、Amazonでの評価は、星4.2でした!

他の人は面白いと思ってるのか、以下サイトを参考にしても面白いかもしれないですね!

********************************
ダークナイト ライジングのレビュー・感想・評価-映画.com(https://eiga.com/movie/56094/review/)
ダークナイト ライジングの作品情報・感想・評価-Filmarks映画(https://filmarks.com/movies/37116)
********************************

どうゆう人におすすめ?

この映画は、

・ダークナイト3部作1作目、2作目を見た人
・アクション映画が好きな人
・定番の人気映画が見たい人

にオススメです!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました