カニバリゼーションとは?4つの解消方法

カニバリゼーションとは?4つの解消方法
  • カニバリゼーションって何?
  • どうやって解消するの?
  • どうやって見つけるの?



こんな悩みを解消します。


カニバリゼーションとは、『共食い』ということです。(ビジネス面とSEO面で解釈が少し異なります。)



本記事では、カニバリゼーションとは、カニバリゼーションの解消方法、カニバリゼーションの見つけ方の順に説明します。


また、本記事では、主にSEO面での解釈について説明しています。

記事の内容
  • カニバリゼーションとは
  • カニバリゼーション4つの解消法
  • カニバリゼーションの見つけ方
記事の信頼性

本記事は、マーケティング会社の記事を参考に作成しています。

スポンサーリンク

カニバリゼーションとは?

はてなマーク



カニバリゼーションには2つの意味があります。

カニバリゼーションとは
  • ビジネスでのカニバリゼーション
  • SEOでのカニバリゼーション



順にみていきましょう。

カニバリゼーションとは【ビジネス】



ビジネス面におけるカニバリゼーションとは自社のもの同士(商品、ブランド…)が覇権争いをすることです。

自社内で争いというと、悪いイメージがするナア…



と思う方もいると思います。


その通りです。カニバリゼーションはマイナスなことも引き起こします。

  • 自社内の商品が既存顧客を奪い合う



例として、発泡酒があります。


発泡酒はビールの新市場を開拓しようとしましたが、結果開拓できず、ビールのシェア争いになるだけでした。



しかしながら、ビジネス面においてはプラスになることもあります。

  • 顧客の囲い込みが出来る



例として、車市場があります。


トヨタはネッツ、カローラ、レクサスなどを地域ごとに設置し、ライバルが自社になることで競争に勝つため顧客層を囲い込んでいます。


つまり、ビジネス面においてはよいことも悪いことも起こりうる、まさに「ハイリスク・ハイリターン」なのです。



基本的には、マーケターの正確な計算のもとでわざとカニバリゼーションを起こしています。

カニバリゼーションとは【SEO】



SEO面におけるカニバリゼーションとは、記事同士が同じキーワードを争って検索順位が下がりやすくなることです。



SEO面のカニバリゼーションは、マイナスなことしか引き起こしません。



なので、カニバリゼーションはしないほうが良いです。


マイナスなことというのは、

  • 検索順位が下がる
  • ユーザーが混乱する
  • クローラーも混乱する
  • 得られるはずの収益が得られなくなる



などのことがあります。


なので、SEOを意識する場合カニバリゼーションにならないように気を付ける必要があります。

カニバリゼーション4つの解消法


解決方法



では、どうしたらカニバリゼーションは解消できるでしょうか。


それには、4つの方法があります。

カニバリゼーション4つの解消法
  • 同じキーワードで記事を書かない
  • noindexにする
  • 301リダイレクトをする
  • 内部リンクを調整する



順にみていきましょう。

同じキーワードで記事を書かない



同じキーワードで記事を複数書くと、クローラー(Googleのロボット)はどの記事を優先させればよいかわからなくなります。



また、同じキーワードの記事が複数あると、サイトを訪問したユーザーのユーザビリティが低くなります。

「ダイエット オススメ」の記事が5つあるけど、本当はどれかしら…


そうしたことから、記事の検索順位は下がります。



(ただ、記事の検索順位が下がるだけで、Googleからペナルティを受けることはないのでそこは安心してください。)



なので、すでに使っているキーワードがあったら、使わないようにしましょう。


具体的には、titleタグに同じキーワードを入れないようにしましょう。

noindexにする



同じキーワードで複数記事を見つけたら、noindex(非表示)にするのもよいです。



当たり前ですが、そうすれば1キーワード1記事になりますね。


しかしながら、以前の記事にはアクセスできなくなってしまいます。



SEO的にはよいのかもしれませんが、ユーザビリティ的には少々問題ありですね。


なぜなら、以前から読んでくれていた読者がその記事にアクセスできなくなるからです。

301リダイレクトをする



301リダイレクトとは、他の記事を優先的に表示させるものです。



なので、301リダイレクトをしていれば、表示したい記事を表示させることができます。


結果、クローラーは優先記事を認識しやすく、ユーザーも記事にアクセスできなくなるわけじゃないので、ユーザビリティ面としてはGood。

内部リンクを調整する



これは優先順位の高い記事にユーザーを流すということです。



記事が消えるわけではないので、ユーザーもアクセスできますね。


また、優先順位もわかりやすいので、クローラー的にもGood。

カニバリゼーションの見つけ方


見つけ方



そもそも、カニバリゼーションはどうやって見つけられるのでしょうか。


実は、結構簡単に見つけられます。

カニバリゼーションの見つけ方
  • サイト内検索
  • Google検索



順にみていきましょう。

サイト内検索



自分のサイト内の検索窓でキーワード検索をしてみてください。



複数の記事があがってきたら、カニバリゼーションであるといえます。

Google検索



Googleでsite:URL+”キーワード”で検索してみてください。



すると、そのキーワードでインデックスされている記事があがってきます。


複数の記事があがってきたら、カニバリゼーションであるといえます。

カニバリゼーションとは?まとめ

まとめ

SEOにおけるカニバリゼーションはできるだけ避けたいところです。


今回紹介したやり方でカニバリゼーションは解消できます。


カニバリゼーションを自分のサイトからなくして、上位表示を狙いましょう。





参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました